*

証券、金券、品物での代替返済の金額査定はどうするのか

月刊誌の宣伝広告、スポーツ紙、街角にある広告や郵便広告で「多重債務の効率化手伝います」「多重負債を一括化したくありませんか」といった広告を閲覧することがあります。

そのようなものは、「片付け屋」「買取専門屋」「紹介者」と呼ばれている会社のおとり広告のケースがあるということなのです。

このようなものを使った際には自己破産申請手続きの中で免責許可をもらえない危険もありえます。

「整理屋」というのはビラなどで多重債務者をおびきよせ、法外な費用を受けて整頓をしますけれど現実には整理は実行されずに、負債人は債務地獄に陥ってしまう場合がすべてと予想されます。

「買取専門屋」では分割払いでデジタル用品、利用チケットを多量に注文させて依頼者からそれらの品目を買った値段の10%や半分で受け取るというやり口のようです。

短期には小金が懐に入りますがいずれクレジット業者経由の購入物の定価の請求が送られてきて、結局のところ債務を増大させる結果になります。

この際はクレジットカード業者への詐欺であるとされてしまい免責が手に入れられなくなります。

「紹介業者」の場合は、人気の貸金から断られる借金者に関して自分では融通はしないでおいて、提供を受けられる別の会社を教えて、法外な料金を請求する業者です。

紹介業者は自らのつなぎで金貸し可能となったというように話しますが、本当のところは何もしないままシンプルに規程の甘いルートを分かっているだけです。

現実には借金を悪化させる結果となります。


コメントする