*

アヒル歩きトレーニング

アヒル歩きは下半身の筋肉を鍛えるので 下半身痩せのエクササイズやスポーツのトレーニングとして取り入られることがあります。 1.立った状態で両脚を肩幅に開き、腰をゆっくりおろして中腰体制になります。   この際に内股やガニ股にならないようにつま先をまっすぐ前に向くようにしてください。 2.次に両腕は、アヒルの羽をイメージしてやや後ろに伸ばします。  しっかり胸を張って、肩甲骨を寄せるようにして上体を安定させます。 3.そのままの姿勢で、前へ歩きましょう。 アヒル歩きは前に進みますが、同じような姿勢で横に歩くのを「カニ歩き」と呼ばれています。 アヒル歩きで主に使う筋肉は。太もも、ヒップ、股関節、腹筋、背筋です。 下半身だけでなく腹筋と背筋も鍛えられますので、普段の姿勢があまり良くない人にもおススメです。 実際にこの姿勢を維持すると、筋肉を大分使っているので下半身がきついです。 ですが、この動きを行なうと、下半身の筋肉、腹筋などが鍛えられるだけでなく 、基礎代謝量も上がり太りにくい体になります。 私は普段パソコンを使用しているときの姿勢は猫背になってしまい、 誰が見ても決して正しい姿勢には見えませんし、自分自身もそうだとは思えません。 その猫背の影響によって、お腹がでたり、ヒップが崩れたり、くびれが出来ない O脚など下半身太りの原因となります。 アヒル歩きはこの下半身太りを改善し、腹筋背筋も鍛えるので姿勢も正されます。 少し行うだけでも下半身がプルプルし、鍛えられている感じが自分でもわかります。 1日5分、10分、20歩、50歩など目安をつけてストレッチを行なってみてください。髪風船は予約なしで行ける美容室



コメントする